コンサルが読む決算

決算説明資料が好きなコンサルタントのブログです

月間1億人以上が使う食べログの会社の決算を見てみました

f:id:multi-business:20200205232255p:plain

今回は個人的なヘビロテアプリである「食べログ」を運営するカカクコム社の決算をみていこうと思います。

周りの友達に聞くとカカクコムが食べログを運営していることを知らない人が多い印象です。それだけ食べログの存在が大きいんでしょうね。

カカクコムは2月4日に2020年3月期第3四半期の決算を発表していますので、こちらをみていきましょう。
資料はこちらです。

決算概要

f:id:multi-business:20200205225038p:plain

まずは決算概要です。

・売上高15,727百万円 YoY+10.4%
・営業利益7,315百万円 YoY+12.3%

という増収増益となりました。

営業利益率は46.5%と、非常に高いですね。

次にそれぞれの内訳をみていきたいと思います。

f:id:multi-business:20200205225355p:plain

四半期ごとの売上構成が記載されていますが、おなじみの食べログは44.8%と半分近くの売上を占めているとても重要な事業になっています。

そして、社名でもある価格.comは4割近くの売上を占めており、この2つの事業がカカクコム社の主力ということになります。

どっちのサービスも、「使ったことあるけど何で売上を作っているの?」と思われる人もいるかもしれません。下の図をご覧ください。

f:id:multi-business:20200205225618p:plain

それぞれの事業で売上を上げるための方法が記載されています。

価格.comはアフィリエイト事業

f:id:multi-business:20200205225712p:plain

f:id:multi-business:20200205225957p:plain

例えばショッピング事業。価格.comでは、ユーザーがサイトを見て「このサイトだと一番安いな」と、欲しい商品のサイトに移動をします。そこから商品を購入すると、価格.com側に手数料が入る仕組みです。いわゆるアフィリエイトというものです。

また、サービス事業では「金融、通信、車、引越」と様々な領域にも進出しています。金融分野はYoY+38.3%と大きな成長をしています。サイトをのぞいてみると、下図のよういクレジットカード比較のページがあり、ここからクレジットカードを申し込むことで手数料が入ります。これが伸びているんですね。

f:id:multi-business:20200205230304p:plain

食べログ事業について

次に食べログ事業です。食べログは飲食店による有料プラン契約と、個人ユーザーの有料プラン(プレミアム会員、月額300円+税)、そして広告プランがあります。

f:id:multi-business:20200205231237p:plain

f:id:multi-business:20200205231251p:plain

まず、飲食店による有料プラン契約では、有料プランを申し込むとその飲食店の表示順位や、表示できる内容や量、などが優遇されます。おそらくみなさんも検索した時に上に表示されるものにはすぐに目がいくと思います。あれを狙うためにお店は有料プランを契約します。また、食べログではお店のネット予約がスムーズにできますが、予約ごとにお店は手数料をカカクコム社に支払っています。100円か200円らしいです。

もし応援しているお店などでしたら、食べログ経由ではなく直接予約してあげた方がよいかもしれません。ちりつもですから。

そして個人ユーザー側にも有料プランがあります。加入をすれば、クーポンがもらえたりランキング検索が詳細に見れるようになります。無料会員ですと、ランキングにモザイクがかかっていたりします。

最後に食べログ上で表示している広告による売上があります。

説明が長くなってしまいましたが、有料プラン契約をする店舗は微増ですが増えており、ネット予約人数も二桁成長をしています。プレミアム会員の人数までは公表されていませんでしたね。おそらくですが、資料では「ユーザー会員」の第3四半期の売上が572百万円ですので、300円で割って190万人近くがプレミアム会員になっていると概算ですが出すことができます。

メディア事業については省略をさせていただきます。いろんな事業を始めており、それぞれ大きな成長をしていますが、主力2事業と比べるとまだまだ差が大きい状態です。

今後の取組について

今後の取組のページでは一番はじめに新興メディア事業等がでていました。価格.comや食べログよりも先に登場します。ということは同社が一番注力をしますよ、というメッセージともとれますね。

最後に

主力2事業のユーザー数がでていましたので掲載します。

f:id:multi-business:20200205231901p:plain

f:id:multi-business:20200205232105p:plain

食べログはMAUで1億人を超えます。もちろん延べユーザーですが。SEOでもぶっちぎりで、ぐるなびより上に登場しますし敵なし状態と言えます。

筆者も食べログを頻繁に使っているので、よりUIUXがよくなると嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。