戦略コンサルのきまぐれ

戦略コンサルのコンサルタントです。以前は決算ブログでしたが、今はエッセイみたいな思ったことをただただ書いています。

久しぶりのミステリー小説

久々のミステリーが大当たり。

最近は仕事に関係ありそうな本ばかり読んでいて、少し退屈していたが本屋で紹介されていた『カササギ殺人事件』を読んで、「ミステリーはやっぱりおもしろい!」と思わされた。

私は人よりは読書家だと自負していて、小説もいろんなジャンルを読んできた。学生時代に一番ハマったのは北方謙三の『三国志』。

大学生から社会人なりたての頃に「シャーロックホームズ」や「名探偵ポワロ」を読み古き良き英国を舞台に起きるミステリーにのめり込んでいった。

 

今回のカササギ殺人事件の裏表紙には、アガサクリスティーへのオマージュとも書いてあり、これは読むしかないと思って読みましたが、見事にやられました。

多くの人に読んで欲しくて、ここではネタバレは避けますが1冊の本でミステリーを少なくとも2回は味わえるといっておきます。

周りの人で読んでいる人がいないか探してみて、その人と感想を言い合いたい!それくらい久しぶりの良書でした。やはりミステリーは「Who done it」形式が刺さるな〜。