戦略コンサルのきまぐれ

戦略コンサルのコンサルタントです。以前は決算ブログでしたが、今はエッセイみたいな思ったことをただただ書いています。

あなたのどんな経験にも価値はある。

仕事が決まりました。9月から戦略コンサルティング会社でコンサルタントとして働くことになりました。

前の会社を4月に退職し、精神的な疲労から2ヶ月ほどあまり動くことができず、7月から転職活動を開始。

やはり結果は思うようにならず、希望していた会社からお見送りがされること多数。

ここで気づいた点が一つ。

転職活動を始めた頃は自分が「やりたい仕事」ばかりを追っかけていた。「せっかく転職するんだし、自分の好きなことを仕事にしたいじゃん」と思うのは普通だろう。しかし、やりたいことを軸にすると転職活動は難しい。

なぜならば、企業側は戦力になる人材が欲しいからだ。冷静に考えればわかる。「マーケティングがしたいです。でもこれまでやったことがありません。」、「経営企画ってかっこいいので入社したいです。でもずっと営業をしてきました」。採用する側からしたら、この人は当社にどんな価値をもたらしてくれるのだろうか、を当然に考える訳です。

私も面接を繰り返すことで、「自分にできること」を軸にするようになりました。そして、その能力や経験を求めている企業を受け始めたところ最終面接にスムーズに進む企業が増えてきました。

人間は面白いもので、自分が経験してきたことにあまり価値があるとは思っていません。「これって普通じゃないの?」と考えていることが、他の業界や、会社に行くと希少価値のある経験・スキルに変わります。

そうすると、転職活動では有利に働きますし、自分に自信が付いてきます。

私の場合、このおかげで希望していたコンサル会社に入社することができました。給与は前職より25%upです。

これからは私の経験を活かしながら、新しい領域にチャレンジしたり専門性を深めていきたいと思います。

最後に。

あなたのどんな経験にも価値はあります。