戦略コンサルのきまぐれ

戦略コンサルのコンサルタントです。本業ど真ん中以外のことを書いていきます。月2本くらいのペースで書いていこうと思いますのでお時間とご興味がありましたらぜひぜひゆっくりしていってください!

UUUM所属チャンネルの再生回数知っていますか

f:id:multi-business:20190424172642p:plain

毎日のように2broの動画を見ている私にとって、YouTubeは生活に欠かせないサービスです。

www.youtube.com

今日はYouTubeで活躍するユーチューバーをマネジメントするUUUMの決算を見ていきます。

使用する資料は2019年5月期3Q決算説明資料です。

 

決算概要

f:id:multi-business:20190424172739p:plain

3Q終了までの累計では、売上高13,494百万円YoY+69%、営業利益997百万円YoY+117%と非常に大きな成長を続けています。

f:id:multi-business:20190424172944p:plain

四半期単位で売上を見ていっても順調に売上が伸びていっていることがよくわかります。売上の大半は「自社サービス(自社チャンネルやゲーム等)」です。

ユーチューバーがUUUMというマネジメント会社に所属して自分のチャンネルを運営しますので、自社チャンネルというのはUUUM所属のユーチューバーのチャンネルということになります。

あとはやはり企業とのタイアップによる広告事業も伸びはあまりみられませんが、大きな割合を占めています。

どのくらい再生されているの?

f:id:multi-business:20190424173731p:plain

3ヶ月ごとの再生回数がスライドにありました。11,044百万回??110億回再生されているようです。すごすぎるUUUM。

雑談

「YouTubeというプラットホームが仮に無くなったら、ユーチューバーの人たちどうなるんだろう」と話す友人がいます。彼の場合、ユーチューバーの稼ぎ方に嫉妬の気持ちがあるような言い方でした。

少し考えてみると、仮にYouTubeが無くなったとしても彼らは十分に活躍・稼いでいけるのではと思っています。

一番の強みはファンがいるということ。多くのユーチューバーはTwitterを運営していてそこでファンとのコミュニケーションを取っています。動画という一方向の発信ではなく、Twitterでのインタラクティブなコミュニケーションです。

これにより、ファンとの距離感を縮め、「憧れの人」というどこか遠い存在ではなく、身近な存在になることができ、仮にYouTubeが無くなってもすでにファンを獲得できている以上、いろんなやり方で活躍していけると思います。