ベンチャーキャピタリストは思った

上場企業のIR資料やベンチャー界隈、大好きなサッカーについて書いてます。

VCはどこまで支援するべきなのか。

f:id:multi-business:20180408133439p:plain

「ベンチャーキャピタルなんだから投資先に対してなんでも支援するのが当たり前だろ!」という声が聞こえてきそう・・・汗

VCは投資先スタートアップから様々な依頼を受けることがある。

あのIT企業の社長を紹介してもらえませんか。

ファンドLPにどこかいいところありませんか。

営業先を何社か紹介してください。

次のファイナンスで投資家を紹介してください。

 という営業に関する依頼もあれば、

増資の登記申請用紙の書き方教えてください。

株主総会の招集通知はこの内容で大丈夫ですか

どちらかというとリーガル面での依頼相談を受けることもある。

キャッシュがきつい会社からは「融資してくれませんか」と言われたこともある。

スタートアップは金・人・時間のリソースが制限されており、スタートアップ経営者としては上記のようなことになるべく時間をかけたくない、という思いがあるのは当然だろうと思う。 

一方投資家からするともちろん「投資先には大きく成長してもらい、リターンを得たい」と考える。だが、なにかあるとVCに頼ってくる起業家は少し心配な気もする。

 多くは1社目の起業で、わからないことばかりだということはよくわかる。だからこそ自分で乗り切れるところは乗り切って欲しい。そういう力がある起業家は投資家から見て信頼することができる。

もちろんVCとしての責務を放棄しているわけではない。もちろん支援するところは支援する。なんでもかんでも支援を要請するというのは、また話がちがうよね、ってこと。

まあ、これに関しては難しい。スタートアップから見ればVCはone fo one がだいたいだが、VCから見ればone of themとも言えてしまう。

10社投資したら1社が成功すれば御の字と言われるVC業界。全ての投資先が成功して欲しい。