ベンチャーキャピタリストは思った

上場企業のIR資料やベンチャー界隈、大好きなサッカーについて書いてます。

3年で売上半分。営業利益は3分の1。ガンホーのパズドラ愛。

f:id:multi-business:20180314235417p:plain

先月発表されたガンホー・オンラインの決算を見ていきたいと思います。少し前に書いたミクシィのように、ゲーム事業はヒットの当たり外れ、流行の衰退など左右される要素が大きくあります。

www.vcdiary.work

パズドラが6周年

f:id:multi-business:20180314235750p:plain

ガンホーといえば間違いなくパズドラがメイン事業です。そのパズドラは2018年で6周年を迎えました。

今後はアプリだけでなく、様々な領域に横展開をしていくことを発表しています。

f:id:multi-business:20180314235847p:plain

特に、上図のeスポーツ競技に認定されたのはいい兆候かもしれません。アメリカや中国などではすでにプロゲーマーが多く誕生しており、日本でもその市場はこれから醸成されていくと思うので、パズドラがその一つになることはプラス材料です。

f:id:multi-business:20180315000052p:plain

f:id:multi-business:20180315000057p:plain

こんな感じで取り組んでいくとのことです。

非常に多くのスライドがパズドラに割かれており、その意気込みが伝わってきます。逆に、他のものはないんかい、という気もしますが笑

他タイトルもいくつかスライドに書かれていますので、ご参考ください。

業績は確実に減少傾向

f:id:multi-business:20180315000321p:plain

f:id:multi-business:20180315000326p:plain

スライドを見ると明らかですが、売上は2014年から2017年で800億円減っています。半分です。営業利益も3分の1ほどに減っています。

そうなると、これからの施策が気になるところです。

ちゃんとスライドに書いてありました。

それがこれだ!!

f:id:multi-business:20180315000816p:plain

うん、パズドラと運命共同体のようです。どこでブレーキがかかるか、どこで方針転換するか、四半期決算が楽しみになりました。要チェックですね。

それでは。